HOME > 石材洗浄 > 白華(エフロレッセンス)現象

白華(エフロレッセンス)現象

白華(エフロレッセンス)現象

セメントを使用して貼付けた石材、モルタル目地からは、「白華(エフロレッセンス)」と呼ばれる白色の粉状のものが表面に浮き出る場合があります。 白華は、モルタル中に含まれる水酸化カルシウム・水酸化ナトリウムなどの可溶性塩類が水に溶け、石材中から表面に移行したのち空気中の炭酸ガスと反応して、水に溶けにくい炭酸カルシウム・炭酸ナトリウムとなって石材やレンガ・タイル・コンクリート等の表面に析出した白色物で「エフロエッセンス」とも呼ばれています。

白華現象は、若材齢時や秋から春先にかけての比較的気温の低い時期などに起こりやすくなります。 白華現象はモルタル、コンクリート内部に可溶性の水酸化カルシウム・水酸化ナトリウムなどが有る限り、外部より水の浸入があると、一度除去しても発生する場合があります。

対策

再発させないための手段として、白華除去後に表面を強制乾燥させ、AD-コートを塗布することにより、石材、モルタル目地から水分の侵入を極端に低減させ、水の移行を減少させることにより白華現象を防止することができます。
目地のクラックより白華現象が発生している場合は、AD-コートで塞ぎきれないため、目地のやりかえが必要です。
※AD-コートを塗布しても、白華現象・濡れ色現象は再発する場合があります。

作業の流れ

シミ抜き洗浄→強制乾燥→AD-コート塗布

大理石→AD-スーパー 御影石→AD-ホワイト

作業風景1作業風景2