カテゴリー別アーカイブ: 日記

御影石床 濡れ色現象の改善

 

濡れ色現象が外部に面した部分に発生。下の写真は処理後のものです。

 

ライムストーン外壁の汚れ(カビ)

 

ライムストーンは吸水率が高く、保水率が高いため、

カビや菌類が付着しやすい環境となります。

 

 

洗浄後、防カビ剤入りのコーティングにより、カビの発生を

長期間、防止することができます。

御影石(錆び石)外壁の濡れ色現象の改善

 

施工直後(2016年2月)

 

1年経過後(2017年2月)

御影石床の汚れ防止

 

御影石 外部床 コーティング施工(2011年7月)直後

下写真は5年経過後の現況(2017年2月) ・・・良好な状態を保っています。

 

 

ライムストーンの汚れ(カビ)

 

ライムストーンの外壁の汚れ(カビ)

薬品×高圧洗浄×コーティング(カビ再発防止)

 

御影石の滑り止め(ノンスリップ)

 

 

御影石床、溝切り付きのジェットバーナー仕上げでも

通行が多い箇所では磨耗が進行し、また樹液などの影響

により、雨の日にはとても滑りやすくなっていました。

ノンスリップマジック処理は、薬液処理により石材表面に

微細な穴を形成する工法で、5年が経過しましたが、全く

問題は出ていません。

 

 

タイル床の防滑(滑り止め)施工

 

施工前の状況:皮脂や温泉成分によって滑りやすくなった

セラミックタイル床にノンスリップマジック処理を施工しました。

 

 

施工完了後の状況:見た目を変えず、滑り抵抗を付与します。

 

大理石の再研磨

大理石の床は歩行によりキズが入ると艶がなくなってきます。

再研磨により、艶を復活させることができます。

 

濡れ色現象(シミ)の改善

配管より漏水しため御影石に濡れ色現象が発生。

 

染み抜き洗浄後、濡れ色再発防止コーティング施工。

 

約1年が経過しましたが、濡れ色現象の再発は見られません。

石の種類や状況により、濡れ色現象は再発する場合があります。

御影石の錆びを防止

御影石は、元来の構成成分より遊離した金属イオンが酸化

すると錆びを生じることがあります。

鉄分の多い雲母が含まれていると錆びを生じると考えられます。

 

洗浄直後

 

1年半経過後、錆びの再発は見られません。